お手軽7インチタブレットの特徴

現在スマートフォンを使用している人が、もう少し画面の大きいものが欲しいと、考えた時に、ちょうど良いサイズのタブレットが販売されています。

それが、「7インチのタブレット」です。

従来の「9インチのタブレット」では、ちょっと大きすぎるという人でも、満足できる大きさになっています。

しかし、機能面や価格面はどうなのでしょうか。

大きいというだけでは、何の役にも立ちませんから、きちんと調べる必要があります。

東芝の7インチタブレットの最新機種「REGZA Tabet AT3SO/35D」の機能では、OSは「Android3.2」を使用していて、メモリーは1GB、ストレージは32GBとなっています。

カメラは、背面が500万画素で、前面が200万画素を装備していて、バッテリーの駆動時間は連続動画再生を行った場合での最大約6時間となっています。

この「7インチのタブレット」の最大の特徴は、東芝の液晶テレビやブルーレイと連携できるため、テレビや、ブルーレイで録画した番組を視聴できるということです。

機能がたくさんある分価格は45,000円となっています。

様々な機種が販売されていますから、ご自身のニーズに合わせて選んでいくと良いです。
また、ホームページを制作する場合には、これから増えていくたくさんの機種にどう対応してくかが鍵となりそうです。